【麺屋こころ】ファミマの「冷凍台湾まぜそば」を実食レビュー!本家と比較しておいしい?まずい?

ファミマの冷凍台湾まぜそば 【本家と比較】

ファミリーマートの新商品『麺屋こころ監修 台湾まぜそば』

みなさんこんにちは、バクです。

先日、ファミリーマートで買い物をしていたところ、冷凍コーナーで思わず目に留まった商品があります。

それが「麺屋こころ監修 台湾まぜそば」です。

私は以前、麺屋こころの台湾まぜそばをネットでお取り寄せして食べたことがあり、非常においしかったことを今でも覚えています。

実際に店に行くか、ネットで注文しなければ食べることができないはずの「麺屋こころ」ですが、なんと、ファミマで売ってるじゃないですか!

「麺屋こころ」といえば台湾まぜそばで超有名な店です。そんな有名店の台湾まぜそばがファミマで買えるんじゃ嬉しいですよね。

でも、こういう冷凍食品ってイマイチなんじゃないの〜?

ファミリーマートの「麺屋こころ監修 台湾まぜそば」はおいしいのか?まずいのか?

今回は以前に食べた本家と比較しながらレビューしようと思います。

「台湾まぜそば」は台湾じゃなくて名古屋が発祥!

そもそも「台湾まぜそば」ってなに?台湾だと有名なのかな?

台湾まぜそばについてWikipediaで調べてみると、このように書かれていました。

台湾ミンチ(鷹の爪とニンニクを効かせた醤油味のひき肉そぼろ)を極太麺に乗せた、汁無し麺の一種である。

具材は台湾ミンチ、生の刻んだニラ・ネギ、魚粉、卵黄、おろしニンニクなどであり、それらをよくかき混ぜて食べる。

また、「追い飯(おいめし)」と呼ばれる、麺を食べきった後に丼に残る台湾ミンチやタレに白めしを投入するサービスもある。

発祥の店では、茹で上がった麺をざるの中で棒でこすり傷つけて麺に糊を出し、味わいをまろやかに、タレとも絡みやすくしている

2008年(平成20年)に愛知県名古屋市中川区に本店を持つ麺屋はなび高畑本店[3]にて発祥した。

同店の主人が名古屋市発祥の名物料理「台湾ラーメン」を作ろうと思い、具材の台湾ミンチを作るも当時のスープに合わず断念。

作ったミンチを捨てようとしたところ、当時勤務していたアルバイトの1人に「茹で上げた麺にかけてみたらどうでしょう?」と言われたのが始まりとされる。

それをきっかけに研究し、何度もの試行錯誤を繰り返して現在の台湾まぜそばが完成した。

「麺屋はなび」の店主が、台湾ラーメンをアレンジして生まれた料理が「台湾まぜそば」だったんですね。

そして、台湾まぜそばの元になった料理である台湾ラーメンは名古屋発祥です。なので台湾の伝統的な料理とかじゃないんですね。

ちなみに台湾ラーメンは台湾だと「名古屋ラーメン」って呼ばれてるらしい

今回ファミマとコラボした「麺屋こころ」の店主は、「麺屋はなび」で修行をしていたらしいです。元祖の味を受け継いでいるわけですね。

「台湾まぜそば」なのに名古屋発祥なのかよ!
名古屋のおいしい食べ物ってそういうところあるよね

本家「麺屋こころ」の台湾まぜそば(冷凍)はかなりおいしかった

私は以前、有名ラーメン店の冷凍販売サービス「宅麺.com」を使って、麺屋こころの台湾まぜそばを注文したことがあります。

参考 麺屋こころ 台湾まぜそば宅麺.com

宅麺.comでラーメンを注文すると、実際にお店で使用している麺やスープなどの食材が冷凍された状態で届きます。

なので、スーパーで買えるインスタント麺やチルド麺とは一味違う、「お店と同じ味」を楽しむことができますよ。

 

宅麺.comで注文して、自宅で作った「麺屋こころ」の台湾まぜそばがこちらです。

麺はしっかりとした太麺で、ひき肉にはタレがよく染み込んでいてとてもジューシーです。

風味豊かな魚粉と卵黄が太麺に絡まると、最高の味わいになりますね。鷹の爪がかなり効いててスパイシーなのも印象的です。

他のラーメンでは味わうことのできない独特な風味でした。とてもおいしかったです。

麺屋こころの台湾まぜそばは「宅麺.com」で買うことができます。ファミマの台湾まぜそばと食べ比べてみるのも楽しいですよ。

宅麺.com『麺屋こころ 台湾まぜそば』へのリンクはこちら

ファミマの「冷凍台湾まぜそば」を実食して比較

さて、めちゃくちゃおいしかった麺屋こころ本家の台湾まぜそばですが、

はたしてファミマの「麺屋こころ 台湾まぜそば」はおいしいのか?まずいのか?

本家にどのくらい近づけているのか?実際に食べて検証してみましょう。

パッケージの袋(表面・裏面)

ファミマの台湾まぜそばの表面

表面のパッケージです。麺屋こころの公式ロゴマークと「店主監修」の文字が書かれていますね。

大きく描かれているまぜそばの上にはひき肉・青ネギ・卵黄が乗っていて、かなり食欲をそそります。

 

ファミマの台湾まぜそばの裏面

裏面には作り方や原材料、成分表示が記載されています。

成分表示を見るとカロリーは「728kcal」と表記されています。

まぜそばなのでスープはありませんが、カロリーは普通のラーメンと同じくらいありますね。

電子レンジだけで調理OK!かなり楽チン

ファミマの台湾まぜそばを電子レンジに入れる

作り方は超簡単、中身をお皿に載せて電子レンジで加熱するだけです。

レンジでチンするだけでいいから、かなりラクだよね〜

鍋でお湯を沸かしたり、麺をザルで湯切りする必要はありません。

タレや具材もすべて麺と一緒に冷凍されているので、電子レンジで一回加熱すればすぐに完成です。これはラクでいいですね〜

 

ファミマの台湾まぜそばを皿に盛ったもの

加熱して袋からお皿に出したものがこちら。

麺は平打の太麺で、麺の上には台湾まぜそばの特徴であるひき肉がたっぷり乗っています。

ひき肉の中には赤い唐辛子もちゃんと入っていますね。

スパイシーなタレと魚粉の風味が効いてて、再現度はかなり高い

ファミマの台湾まぜそばに卵黄を乗せる

ファミマの台湾まぜそばを混ぜたもの

それでは、卵黄を乗せて一気にかき混ぜてからいただきましょう。

一口食べてみると、めちゃくちゃおいしい。かなりおいしいです。コンビニの冷凍食品とは思えないくらいのおいしさ

平打の太麺にひき肉の油分とタレがよく絡みます。口に入れるとタレとひき肉の旨味が脳内物質を刺激してくれます

魚粉の香りもしっかりと効いているので、「麺屋こころの台湾まぜそば」をかなり再現できていると思います。

 

ただし、ファミマ版は本家の台湾まぜそばよりも辛味が大幅にマイルドになっています

本家の方は食べていると口の中がヒリヒリするほど辛かったのですが、こちらのファミマ版では辛味がかなり抑えられていて、少し辛いと感じるだけでした。

あと、これは冷凍なんで仕方ないのですが具が少ないですね

ひき肉はそこそこ入っていますが、青ネギはおまけ程度しか入っていません。ネギや薬味、豚の角煮を自分で足して食べるのが正解かもしれませんね。

それでも、台湾まぜそばの特徴であるジューシーなひき肉と魚粉の香りは存分に味わうことができました。

とてもおいしかったです。コンビニで売ってるラーメンの中でも上位に入るレベルだと思います。

残ったタレにご飯を入れるとさらにおいしい

ファミマの台湾まぜそばにご飯を入れて混ぜたもの

台湾まぜそばのお楽しみといえばこれ、残ったタレにご飯をブチ込むことです。

丼の底に残っているひき肉・タレ・卵黄がご飯と混ざり合うことで悪魔的な旨さの代物ができあがります

麺とは一味違う食感と風味を味わうことができるのでおすすめです。罪悪感すごいけど

スープの無い「まぜそば」だけど、カロリーは意外と高め

ファミマの冷凍台湾まぜそばの成分表示

気になるカロリーもチェックしておきましょう。こちらの冷凍台湾まぜそばのカロリーは728kcalとなっています。

まぜそばなのでスープはありませんが、それでも700kcalを超えています。スープ有りの普通のラーメンと同じくらいのカロリーがありますね…

また、こちらの台湾まぜそばだけだと満腹になりません。「少し物足りない」程度の量ですね。

残ったタレにご飯を入れて食べるとちょうど満腹になります。そこまで計算して作られた量なのかもしれません。

なので、台湾まぜそば+ご飯を食べるとなると一食で900kcalは超えそうですね。

台湾まぜそばを食べたら、その日の他の食事は控えめにした方が良さそうですね。罪悪感を消すためにも。

ご飯を入れるのをガマンすればいいんじゃないの?
いや、それは、無理だよ…めちゃくちゃ美味しいもん

コンビニの麺類でもトップクラスのおいしさ!ぜひ食べてみてほしい

ファミマの台湾まぜそばパッケージ

今回はファミマの「麺屋こころ 台湾まぜそば」を本家と比較してみましたが、想像以上に本家を再現できていると感じました。

タレとひき肉の旨味が太麺によく絡んでいて、台湾まぜそば特有の風味が上手く再現されています。

本家と比べると辛味が大幅にマイルドになっていますが、ひき肉の旨味と魚粉の香りによって、本家の雰囲気を十分に感じることができました。

台湾まぜそばは普通のラーメンと違ってスープがありませんが、カロリーは728kcalと普通のラーメンと同じ程度にあります。

特に「残ったタレにご飯をブチ込む」とカロリーがとんでもないことになるので注意しましょう。

 

こちらの台湾まぜそば、冷凍食品でありながらも、本家「麺屋こころ」の味と風味が上手く再現されています。

コンビニで売っている麺類の中でもトップクラスに入るほど美味しいと感じました。かなりの完成度の高さです。

台湾まぜそばを食べたことのない人も、本家で食べたことのある人も、ファミマの冷凍台湾まぜそばをぜひ一度食べてみてほしいと思います。

 

また、本家の麺屋こころの台湾まぜそばを買うなら「宅麺.com」がおすすめです。

店舗で使用している材料がそのまま冷凍便で届くので、お店と同じ味を自宅でも楽しむことができます。

ファミマの冷凍台湾まぜそばで本家に興味を持った人は、ぜひ利用してみてください。

宅麺.com『麺屋こころ 台湾まぜそば』へのリンクはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA